「 銀の猫を、子供に与え旅立つ 西行法師 」

 銘 一蝅堂 乘意 ( 杉浦乗意 )
四分一地 金銀銅象嵌 肉合彫
裏、赤銅地 猫掻き鑢

笠を持ち、杖をついて、旅の老僧の姿は しているが
若い頃は、武士だったという西行を、
大柄で逞しく見事に、表現しています。
頼朝の館に招かれた後、
玩具をねだる幼子に、惜しげもなく、拝領品の
銀の猫を与える姿は好々爺。
 肉合彫(ししあいぼり)を創始したという乗意。
この表現力の凄さに、作者の高い知識と、非凡な技量を
感じます。

宝暦11年(1761)7月24日 61才没
 (縦96.8mm、横幅14.2mm、厚さ4.4mm)

 文治二年(1186年)八月十五日、源頼朝が、鎌倉の八幡宮に参詣した時に
鳥居のあたりを徘徊する怪しい老僧をみつけ、名を尋ねさせると
「元は、北面の武士で、今は、西行と名乗っている。」と

 神事が終わってから頼朝は館に招き、歌道の事、弓馬の事などを詳しく談じたと
『吾妻鏡』は伝えている。
翌日も、頼朝は西行を引き留めたかったが、東大寺再建の勧進のため
(藤原秀衡に会いに行く)西行は、鎌倉をあとにした。
頼朝、感謝して愛玩の銀猫を贈る。
西行これを受けて館の門外に出ずや路傍で、遊んでいた児童に与えて呉れ去る。

Kozuka
A picture of a SAIGYO-hoshi.
He is a famous priest. Origin is a samurai.
From General Yoritomo Minamotono, it has just been going to give the child
the obtained silver cat.Shibuichi & Shakudo ground.Signed Joi with kao.
Born in 1701,Die in 1761.

( 96.8*14.2*4.4mm )
銘拡大
「 西行法師 」
「 西行法師 」 銘 一蝅堂 乘意 小柄
私の気に入った鍔の部屋 その 8
 トップページへ戻る/次の鍔へ/